金庫のダイヤル番号を忘れてしまったらどうすればいい?

貴重品と高価なものを保管するために金庫を使用する場合があります。

金庫にはいくつかの種類の金庫とダイヤルタイプがあります。

それがロックスタイルの金庫であれば、キーを落とすと深刻なことになります。

鍵を見つけることができない限り、鍵を開くときに鍵を開くことはできませんが、誰かが鍵を受け取ったときに鍵を誤用する可能性があります。

一方、ダイアルタイプの金庫は、キーの代わりに固定のパスワードとパスワードを必要とするため、誤用する必要はありません。

金庫を開けなかったり、キーを紛失したり、ダイヤル番号を忘れたりしても、強制的に開いたり破ったりするのは危険です。

今度は鍵タイプよりも安全な「安全なダイアルインボックスシステム」を見てみましょう。

また、「安全にダイヤルする方法を覚える方法」を紹介します。

どのような種類の金庫がダイヤル式で安全ですか?

それはどのように機能するのですか?

ダイヤル式金庫は、あらかじめ設定された暗証番号と暗証番号に従って金庫を開封する機構です。

誰かに開放されている可能性は低いですが、それが間違ってしまったらリセットし直してから再開する必要があるため、少し面倒です。

あなたが鍵を紛失したり、安全なダイヤルを忘れた場合、どのような措置を講じるべきですか?

金庫のダイヤル番号を忘れた場合は、自分で開くことができますか?

万が一ダイヤル番号を忘れて金庫を開けないと、自分で開けないといけませんか?

ダイヤルを忘れた場合は、まずダイヤル番号のある場所のメモを探してみましょう。

万一安全なダイヤルを忘れて予約が見つからない場合は、パニックを起こさずにダイヤルを一度リセットし、設定した番号を調整してください。

業者に金庫を開けさせるのにどれくらいの費用がかかりますか?

鍵や暗証番号を忘れていて、金庫が開けない場合は、専門の専門家にお尋ねください。

あなたが強制的に開くと、それを開くことがますます不可能になるかもしれません。

それを2度忘れないように注意しましょう。

さらに、破損した金具が飛び散って怪我をする可能性があるため、危険です。

それで、鍵を開くことを求めるときにどれくらいの費用がかかりますか?

鍵を開くコストは、金庫の種類と状況によって異なります。

今回は、店舗や企業などでは、一般的に旅館などに設置されている「マーケット・セーフ」、「大企業安全」、「隠密大規模セーフ」の3種類について紹介します。

【家庭用品】

・鍵を紛失すると… …約8,000円〜

・PINを忘れた……約8,500円〜

[商業用大型金庫]・鍵を紛失すると… …約13,000円〜

・PINを忘れた… …約26,000円〜

【泥棒大型金庫】

・鍵が紛失したとき… …約15,000円〜

・PINを忘れた… …約53,000円〜

安全の鍵を忘れた場合、または金庫にダイヤルするのを忘れた場合は、静かに対応してください。

安全なダイヤル番号を忘れないようにできること

「私は金庫にダイヤルするのを忘れました、私は開かなかった…」という事態を避けるために、事前に忘れた場合の対処法について考える必要があります。

予防措置は以下のとおりです。

・設定するダイヤル番号とPINを統一します。

他のPIN番号と統一すると、紛失することはありません。

・モバイルメモ機能を使用する。

手書きのメモを使用しないで、いつも携帯電話のメモ機能を使用することでメモ紙を失う心配はありません。

・スケジュールノートなどでメモを取る

あなたが常時持ち歩いているノートにノートを残しておけば、いつでもそれを確認することができます。

・写真を保持する。

あなたは、あなたの電話やデジタルカメラであなたがダイヤルした写真を見ている間、それを残していることを確認することができます。

まとめ

安全なダイヤルを忘れた場合に開けないことによって、一部の人々が金庫の鍵を紛失したか、または問題を経験した可能性があります。

ダイヤルを忘れてしまった場合は、どこかでメモを取ったかどうかを確認することをお勧めします。

万一、メモを見つけることができない場合は、正しい番号があれば開くことができます。

また、強制的に開けたり、開けたり、開けたりしないでください。

金庫の破片が飛び散って怪我をする可能性があるため、非常に危険です。

鍵の紛失やダイヤルを忘れてしまった場合は、強制的に開かずにプロフェッショナルに公開することができます。

また、安全なダイヤルを忘れた場合を考慮して、パスワードやダイヤルのメモを取って写真を残すことをおすすめします。

数字でメモを失わないようにするには、モバイルメモ機能とノートブックを利用するのが良いです。

関連記事

ページの先頭へ